2011年10月13日

夜が朝に変わる時

[志高湖キャンプ場] ブログ村キーワード

夜が朝に変わるとき.JPG

志高湖にて




「キャンプとか何が面白いの?テントはってメシ食って帰るだけじゃん」って思ってる人は多いと思う。


朝、テントが白々と明るくなってきて、野鳥の歌声で自然に目が覚める。



外にでて清浄な空気を胸いっぱいに吸い込む。

そのまま散歩をしていると刻一刻と空は色を変える。

その時の心躍るような幸福感・・・。


わかる人にはわかるし


わからない人には一生わからないんだろうなあ(笑)


で、こういう景色を見ながらご飯を作って食べる幸福感も☆









posted by 更紗 at 17:33| Comment(3) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

奇跡のような風景

[アウトドア] ブログ村キーワード



由布川渓谷.JPG


光が差し込む渓谷にて

由布川渓谷



この時間にしか見られない奇跡のような光景。


この偶然に感謝。



posted by 更紗 at 21:25| Comment(3) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

ホワイトガソリンを安く買う方法

さてさて、昨日のおさらいです。

キャンプに使う燃料は

安全性・利便性重視ならガス

パワー重視ならホワイトガソリンとなります。

うちはかなりヘビーな環境でもキャンプするのでガソリンが向いているようです。

ガスだと火力が弱まったり立ち消えたりするんですよ^^;

んでもってホワイトガソリンを安く買う方法です。

ENEOSで注文する(18L缶)

・・・こんだけです(爆笑)量り売りはやってくれません。

用途を聞かれますのでキャンプ用といえばOK。

アウトドア好きの店員さんだと「お客さんも好きですねー」とニヤニヤ笑われますが(笑)

うちは普段からENEOSでガソリン入れているのでついでに頼んでます。

到着まで3〜4日かかります。

今回は約6000円でした(値段は時価で度々変わります)

1L当たり380円くらいですかね、コールマンの1000〜1400円と比べると段違いの安さです。

18Lを3人のキャンパーで分け合えば6L。それくらいだったら1年で使っちゃいますよねっ(笑)

というわけで知り合いと仲良く分け合うことにします(もちろん割りカンだよ〜灯油用のポンプでわけるよ)

やっぱりランタンの灯りは煌々と明るいホワイトガソリンに限りますぅ〜^^

ところでよく「荷物を減らす為、燃料は統一した方がいい」なんて意見を見かけますがどう思われますか?

ツーリングならともかくオートキャンプなら混合でもいいじゃんって思います。

例えばランタンはホワイトガソリン。

調理用は家庭用の簡易ガスコンロ(安いカートリッジ)と炭火と言う風にです。

ガスで焼肉作っても美味しくないですよね。

チャコールでホットケーキを焼くのも馬鹿げています。焦げるぞ。

ガスと言えばたこ焼きは家庭用ガスの使えるものがあります。野外ではいいですね。


うちのバヤイですが

炭(バーベキュー)・ツーバーナー(安いガスカートリッジ)・シングルストーブ(ホワイトガソリン)を持って行きます。


焼肉は炭で焼くのが旨い

ホットケーキや半熟目玉焼きは微妙な火加減のできるガスが得意

湯を沸かすのはシングルストーブが早い

風が強い時はシングルストーブと炭で調理(ガスは弱い)

雨が強い時はガスと炭って感じで(シングルストーブは濡れると使えなくなっちゃうんですよ)

みんなあればどんな天候でも何とかなるって言う(笑)

まぁ、かさばると思えばメニューにあわせて2個くらい持っていけばOKではないかな。


究極に安い燃料は「薪」だと思うわけです。

建材の余りモノを無料で持って行け!というところからもらってくれば無料です。

無料のものはテーブルでも薪でもタープでも何でももらいに行くよ〜。

薪は次の課題ですね。寒い時期(これから)に試してみようと思います。暖も取れるし。

多分、そのうちロケットストーブあたりにハマりそうですがチャコスタで代用できるか今度やってみますね。(原理は同じなんで)

秋は着火剤に使えるまつぼっくりも拾っておくといいですよ〜




posted by 更紗 at 16:51| Comment(2) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

キャンプで燃料代を下げるには?



キャンプをやっているとふと「ホワイトガソリンって何でこんなに高いんだよ?」

と納得できない思いがムクムクと。

だって1Lで¥1400って!

楽天で検索したら4Lでも3000〜3500円ですってよ、奥様!ネー(;´・д・)(・д・`;)ネー.由々しき事態だと思いませんか?

幾ら最近ガソリンが高いからってホワイトガソリンごときが灯油の何十倍もするわけないじゃん。


・・・ではどうするか?


キャンプで燃料を使うのは主にランタン等の照明用と調理用です。

調理用は炭や薪も安くていいのですがお米を炊く時火加減が難しいのと、焼肉用とは別にお茶用のお湯が欲しくなったりしますのでシングルでもいいからストーブ(調理用バーナー)が欲しくなります。

ストーブとランタンを「家庭用ガスボンベ」で統一する方法が考えられます。

アウトドア用のガスはパワーは大きいですが高いのと、どこでも買えませんので「スペアを持ってきていなかった!」という場合困ります。

そこで、家庭用バスボンベが使えるストーブやランタンがあります。

ストーブは家庭用ガスコンロでもいいのですが家庭用ガスボンベでもキャンプ用の火力の強いものがあります。

大人数で行くならSOTOのツーバーナーがおすすめ!3本¥298のボンベが使えますしガスがなくなったらコンビニで買える手軽さが嬉しい^^



ただし寒い時はガスボンベのガスは最後まで使えない事が多いので残ったものを次回の照明に使いまわすといいです。

欠点は弱火にすると立ち消えしやすいことです。

長所はガソリン式より本体がすごく軽いです。


ガスVSホワイトガソリン


ガス

燃費が安い。火加減しやすい。女性でも扱いやすい。(特に調理用は嬉しい)

寒い時ガソリンに比べ火力が弱い。


ホワイトガソリン

熱効率がいい。パワーが大きい。

ガスと比べるとランタンは明るく、ストーブでは火力が強くお湯がすぐ沸くとその差は「一目瞭然」なのですね。

特に寒い時はガスは中々お湯が沸きませんのでガソリン式に軍配が上がります。。(冬用パワーガスが売っていますが高いです)

燃費ならガス式、パワーならガソリン式となります。

では、ホワイトガソリンを安く買うことは出来ないのか?

出来るんだなこれがぁ〜。(続く!)
posted by 更紗 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

高千穂峡

a href="http://keyword.blogmura.com/key00005946.html">[アウトドア] ブログ村キーワード


四季見原すこやかの森3日目


3日目の朝は早くから天気が回復し絶景を眺めながらの朝食が取れました。


でもまた雨が降るかもしれないので早めに撤収準備にかかります。


お昼頃撤収し高千穂に向かいます。


高千穂ひょうたん池.JPG

ひょうたんの形の池。水がすっごく綺麗なんです。

高千穂峡.JPG

高千穂峡の滝


その後阿蘇の風景を眺めながら帰途に着きました。


朝夜は天候が悪い事が多いと思うので自然に逆らわず天気の悪い時はテントの中で過ごし


雨があがって設営や撤収をしたらいいんじゃないかな。


あまりスケジュールをびっしり立てず時間に余裕を持ってのんびりと過ごす。


準備は万端に!下調べはきちんと!


これが楽しいキャンプの秘訣ですね。




posted by 更紗 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

高千穂観光 天岩戸神社〜


四季見原すこやかの森キャンプ2日目



翌朝は小雨…つか霧?だったのでうだうだと9時ごろまで寝てました。

ライダーさんに声かけて朝ごはんをご一緒に。まずはコーヒーどうぞ!と差し出し

いつものホットサンドとカップスープとおじやを出来た順に。

「おじやってわかる?」って聞くと「わからない」というので「リゾットよ」…これで通じたのか?笑。

食後またコーヒー。

ライダーさんもコーヒー好きらしく「コーヒーは欠かせないよねぇ」とおっしゃってました。

そこでしばらくしゃべっていたのですが

「やっぱり色々装備はあったほうがいいねぇ!今度は彼女と行きたいので、オートキャンプにするよ」

「彼女がいるならエアマット用意してあげてね!これがないと”もう行かない”って言われる可能性大だよ!」

「テントはどこのがいいの〜?」みたいなキャンプ話で大盛り上がりでした。

お昼前には晴れてきたのでライダーさんは絶景を眺めて居られました。

私たちは高千穂に出発です。

最初に天岩戸神社(東宮)

天岩戸神社東宮.JPG

参道の両脇に大きな杉の木が。参拝を済ませ奥に回るとご神木の下から神水の湧き出る所があり自由に飲めます。

不思議だけれどここでは写真が写りませんでした。2回撮ったのだけど…白くもやっとしかうつりません。

次は天岩戸神社(西本宮)です。

手力男命.JPG

駐車場の所 手力男命像

神社に申し出れば案内していただきご神体を拝む事ができるのですが相方が霊圧を感じパス。

天岩戸神社本宮.JPG

(うちのは霊感があり高千穂自体も行きたがらなかったのです)

その後岩戸川沿いに下りていって天安河原(あまのやすかわら)へ。

天岩戸.JPG

渓流がとても綺麗で感動しました。うすいブルーグリーンの水、綺麗だなぁ。

しかし天安河原は暗く重苦しい異様な雰囲気です。

天岩戸3.JPG

写真を撮ったら変なものが写りこんでいるような…気のせいか?

沢山の石が積んでありこの石は「八百万の神」なのだそうです。

天岩戸4.JPG

石を積んでお願いすれば願いがかなうと言うのでこの旅行の目的なのですが

世界平和と日本が酷い事にならない様に強くお願いしました。

*みなさん、ここで「我欲」のお願いをしてはいけません。

そのあと駐車場入り口の食堂でチキン南蛮定食を食べました。

めっちゃ美味しかったです。ここのは鶏モモ肉でジューシーです。

そのあと天岩戸温泉で温泉に入りキャンプ場へ。

夕食はまた天候が悪くなったのでビールと焼肉(バルサミコソースとバジルソース)

さっさとテントに篭ってトランプしてました。



[高千穂峡] ブログ村キーワード
posted by 更紗 at 19:27| Comment(4) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

四季見原すこやかの森でキャンプ レポ




先日、四季見原すこやかの森という所にキャンプに行きました。

標高1200mあり「天空のキャンプ場」と言われている眺めの良いキャンプ場でした。

sikimihara2.JPG

かぱ〜っと180度開けた風景。日ごろのストレスも雲散霧消してゆくようです。

気分爽快〜!ああ、生まれ変わるとしたら鳥になりたい(笑)


sikimihara1.JPG

昼間はとても良い天気でしたが夕方から嘘のように凄い風と雨。

わたしたちの使っているテントは安物ですが風で吹き飛ばされることはなかったです。

しかしペグを増やしたりガスの火が安定せず夜ご飯がすっかり遅くなってしまいました。

夜八時くらいだったかツーリングの人(外人・イケメン・笑)が一人で入ってきて炊事棟やトイレ当たりをうろうろしていました。

気になったんで話を聞くと、夕飯の買い物をしていなかったと言うので、一緒にどうぞと誘って楽しいディナータイムを☆

近くのコンビ二まで山を下り1時間近くかかる(往復2時間)のですが雨風の中バイクでは危険ですしすっかり体が冷え切っている風でした。


晩ご飯



ビーフシチュー

ベーコンのピラフ

カナッペ色々

バーボン(メシじゃねえ)

(いつもBBQなんで他のメニューにしたかったんですがよりによってなんで「ビーフシチュー」なんて時間のかかるものにしたんだろうか…^^;ごはんもいつもはガスコンロでもすぐ炊けるのに風に煽られて中々炊けないし。仕方ないのでコールマンのストーブで炊きました)


石巻にボランティアにいったときの写真を見せていただいたのですがまだまだ瓦礫の山でした。ちょうど相方も東北に行ってきたのでその話や家庭菜園(コンテナガーデニングですが)や節約の話などで盛り上がりました。

彼もプランターでプチトマトなど育てているそうで「水やれてないから枯れてるかもなあ」って。


フリーサイトは他に誰もいなかったので夜10時くらいまで話していました。楽しかった〜。

freesaite1.JPG


朝と夜は2日間ともこんな風に霧が深かったです。木のすのこ状のサイトで雨が降っても水浸しにはなりません。


ただ、満天の星空が見れず残念。


翌日は高千穂に観光に行きました。


***************

四季見原すこやかの森

フリーサイト1000円(安!)

オートサイト3000〜4500円

入場料大人200円 子供100円

2泊しても3000円かかりませんでした。車乗り入れできます。

広い炊事棟・トイレ、コインシャワーあり

難を言えばトイレの鍵が閉まらないこと!修理すれ〜!

昼間でも26度くらい、真夏でも長袖とシュラフが絶対必要です。

強風が予想されますのでペグとロープだけはしっかりしたものを用意しましょう。

ロゴス(LOGOS) Vペグ 6pcs
ロゴス(LOGOS) Vペグ 6pcs

値段の割りに結構踏ん張ってくれるペグです。おすすめ!


テントについてるペグはしょぼいのできちんとしたものがなければ、むしろ行かない方がいいような場所です(笑)山のてっぺんなので強風がすごい・・・

スノーピークのレクタLも、とばされたそうですから「どこそこのテント・タープなら安心」という過信は禁物です。

他の方は2泊の予定を1泊にしたり、散々な顔をして帰っていきました。私たちは風が強いのは先刻承知でこんなもんだと思ってたので全然平気顔でしたが^^;



他の人は強風に恐れをなしたのか合宿所の建物に避難していました(笑)

翌日の高千穂観光はこちらから↓
http://pxni132ohcr.seesaa.net/article/223048341.html?1323835519




[四季見原すこやかの森キャンプ場] ブログ村キーワード

posted by 更紗 at 18:05| Comment(4) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

クーラーはIGLOO


さあて、タープも譲ってもらえる事になったぞぉ。

o(*^▽^*)o~♪

やっぱ声はかけておくべきだね。

っつか半分くらいもらい物とか昔から持ってるものとかですけど・・・

ところで真夏のキャンプやドライブにクーラーBOXは必需品です。

そこでクーラーだけは買わなくちゃ・・・ってことで買いました。

IglooのクーラーBOXです。



コールマンとかだと2万位しますよね。

そんなにお金かけてられないのでアウトドア(釣り)好きの同僚に聞いてもらって。

”IGLOO(イグロー)のが安くて使えるぜ。

釣具店で5000円からお釣りが来るぜ”って情報をいただいて買いに行きました。

そして前回のキャンプに持っていったのですが

テント設営しながら「ぷは〜」

・・・『ビールがキンキンに冷えてる!』

いやっは〜、感動ものでした。

(1.5リットルペットボトルジュースを凍らせて3本入れていきました)

これならペットボトルを増やせば2泊も行けそうです。(翌日も氷が残ってましたから)

くくく…いくぜ2泊キャンプ!



IglooのクーラーBOXの良いとこ

・安い

・冷える

・持続性がある

・上に座ったり荷物を置いたりできる


IglooのクーラーBOXの良くないとこ

・デザインがイマイチ

・垢抜けない


っていうとこでしょうか。

貧乏人キャンパーにはオススメだす。




…ってなんのブログだよここ???????




posted by 更紗 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

竜門上杉キャンプ場へ行きました



先日竜門の滝上杉キャンプ場へ行ったのでレポートです。


ホントいうと遊水峡キャンプ場も山鳥キャンプ場も一杯でして、阿蘇ファンタジーの森キャンプ場にしようと思ったのですが、

色々調べていたら評判がよくないみたいだったのでやめてここにしました。

決め手は「竜門の滝」という大きな滝で遊べると言う事(暑いから涼しい所が良かった)と木陰があること、温泉があること!

まずは竜門の滝にナビ設定。

玖珠ICで下り道路にぶつかったら左へ。大きな道に出るまでまっすぐ走る(ナビ左折表示出るが無視、買い物の為町中へ)。T字にぶつかるので左折。すぐAコープがあるのでここで本日の目的である豊後牛と、生しいたけを購入。

あとはナビに従って進みます。竜門の滝の駐車場をすぎてしばらく行くと右手に竜門の滝上杉キャンプ場の看板がありました。

右に20m弱くらい上った所がオートキャンプ場。

サイトはこんな感じ。クヌギや栗の木をサイトのしきりに植えられている。(クワガタが取れたよ!)右角と左角が広いよ。

木が育ったら中々良いサイトになりそうだよね。広さも申し分ない。のぼって突き当たりの左側から小滝に降りてゆけます。沢蟹もいるようなので(とってる人いた)散策するといいですよ。

kyampsite1.JPG

奥の茂みを背に立つと「竜門の滝」が視界に入ってくる。見えずらいかな…真ん中へん。

kyampsite2.JPG

オートキャンプ場は畑を潰して作ったような四角形の小さなキャンプ場で、管理人さんも農家のおっちゃんみたいな感じだったけど(違ったらゴメンね)、水路で流してしまったクロックスを探しだしてきてくれたりとても良い人でした。

ただ立派な炊事棟やトイレは無く小さな流し台が二つと民家の倉庫を改造したような手作り風のトイレが3つだけです。(私は特に不便とは感じなかったけど)トイレの隣がライダーハウス。これが1000円!?と疑うほど素敵なログハウスです。

特筆すべきは温泉かな。ぼこぼこ温泉の湧き出る素晴らしい温泉で疲れが取れました。(着替え場所と風呂の仕切りが無いのがちょっとあれだけど…湯は良かった!)男湯は小川に面しているので眺めの良い露天風呂です。

季節の花をあちこちに沢山植えられていました。(この日は紫陽花が綺麗でした)

11時くらいについたのですが他に1組しかいなかったので早めにテント張ってもいいとの事。

まずはベースキャンプをつくります。

それからお昼を作って食べ滝へ。近道を通れば1分。
キャンプ場で滝滑り用の袋を貸してくれるので忘れず借りてゆきましょうね!!

http://www1.ttcn.ne.jp/~uesugi-camp/

(キャンプ場HPです↑ここに近道が載ってますので印刷していきました)

ryuumon taki1.JPG

滝は2段になっています。自然のウォータースライダーと書いてありましたが気をつけないとやっぱり危ないです。

ryuumontaki 092.JPG

んで滝の一番上から滝つぼに飛び込む勇者がいましたよ。スゲー。

diving.JPG

高さ20m以上はあるんじゃないでしょうか。

その後テントから木にロープを渡して洗濯物を干しました。

ロープによりをかけておくと洗濯バサミが要りません。(捻ったロープの間に洗濯物の端を挟みます)

まぁ、洗濯バサミ忘れただけだけどさ。

それから晩御飯の準備。今日もチリビーンズと焼肉です。

今回はエスプレッソメーカーを投入しました(フリマで10円で購入)なかなかウマす。

あと、コールマンのガソリンランタンやテーブル、イスを知人からもらったので装備も充実してきましたよ。

もらえるもんは何でももらうぜい。( ̄∇ ̄+)キラーン

あと、タープ誰かくれんかなー?(おい!)

あとは夕日を眺めながらビールを飲んでゆっくりのんびり。

tuki.JPG

後ろを流れる水路のおかげか夕方〜夜はすごく涼しいです(寒いくらい)

yuuyake.JPG

昼間はこの水路に足をつけて涼んだりちょっと手を洗ったりするのに使いました。(クロックス流したけどな)

夜は寝ている間ずっと滝の水音が聞こえていました。

マイナスイオンで癒されるぅ〜

翌日はホットサンドとエスプレッソとカップスープのご飯。定番になりました。

その後早めに撤収

滝で遊んで四季彩ロード通って町田バーネット牧場で豊後牛ハンバーガー¥550を食べて帰りました。

ふ〜。

あまり有名でもなく豪華でもないけどなかなか居心地が良くまた行ってもいいかなって思うキャンプ場でしたよ。


*********キャンプ場情報**********


竜門上杉キャンプ場



電話番号 0973-76-3307

料金 オートキャンプ¥2000

入村料 一人¥300

炭、薪の販売アリ

台所洗剤・スポンジ・まな板や包丁などおいてありました。

近隣のオートキャンプ場って5000円位する所が多いので安く感じました。

温泉無料、夏でも夜涼しいです。

ここは安いライダーハウスがあるそうです。(1000円とか)
見る?



結構綺麗なログハウスなんよ…温泉も入れるしね。

この日も沢山の人が泊まっていました。テント設営のめんどくささもないのでライダーさんには激しくオススメ☆HPには載っていないけど穴場ですよ〜

(バンガローは普通に8000円〜12000円なんだよ!)





posted by 更紗 at 17:44| Comment(2) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

雨の中のキャンプ

[アウトドア] ブログ村キーワード


先日の北山ダムキャンプ場は運悪く夕方から雨でした。


降るのはわかっていたけど仕事の都合でどうしてもその日しか行けなかったので無理して行っちゃった。


私はどちらかというとインドア派なんだけど、相方が色々仕事上の事や人間関係で悩んで、落ち込んでいたから、励ましてあげたかったんだー。


言葉で色々いうよりも好きなことに付き合ってあげた方が喜ぶかな、と思って。


本当は、ルアー釣りが好きなことも知ってる。

真っ暗な山の中で綺麗な星空を見たがっていたことも。

今まで付き合ってあげられなくてごめんね・・・。

ほんと、真面目で素直な人ほど生きにくい世の中ですよね。




と、脱線しまくりんぐなんですが、とりあえずテント(うちのは一番安いサウスフィールドなんよ♪)の水漏れは無かったです。


縫い目の裏側はシームシール加工をしてあるようでした。(たった1万円なのに凄い企業努力だ!エアマットが相対的に高く感じるw)
設営後、念のため昼間のうちに防水スプレーをふっておきました。


夜は土砂降りだったので靴はビニール袋に入れてテントの中に入れていましたが、プラスチックの箱(100均で靴入れやコミック入れとして売っているもの)があれば積み重ねる事も出来て出し入れも便利かなーと思いました。(濡れた靴が邪魔なんですっ!)


北山ダムキャンプ場はサイトの横に丘の上から下の排水溝まで半割の管を埋め込んだ水の逃げ場所を作ってあって、サイトも少し高くしてあったので床が水浸しにもならずとても良いキャンプ場でした。


(他のキャンプ場で自分のサイトが水の集まる場所になっていて水浸しになってしまい管理人さんに文句を言ったらサイトの周囲に溝を掘るのは当たり前でしょうと逆切れされたという書き込みも見かけました。自衛隊じゃあるまいしそこまでするかって…ねぇ。)


撤収の際には水滴を落とし、テントを乾かしてから畳みました。

(その後晴れた日にテント・シュラフ・フロアシートなどは雑巾で土を落として干してからしまってます。
どうしても水分があるからカビが生えてしまうので。)


それから、キッチン用品やストーブなどは衣装ケースに収納しておくと蓋つきなので外に置いておいても濡れないので便利ですよ。


慣れた方はテントの上にタープを張っておられました。なるほどこうすればいいのね、と参考になりました!ブルーシートを上手にタープにしている方がいてビックリしました。


広くて良いですね〜しかし、どうやって固定しているんだろう。(悩)






posted by 更紗 at 18:41| Comment(2) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

キャンプ場の朝ごはんA北山ダム編

夜はずーっと結構な雨が降っていました。でも、私はすぐに寝入ってしまい、雨音は気にならなかったなー。


朝になると雨はやんでいて、鳥の声に誘われるように、散歩に行きました。(相方はまだ寝てる)

北山ダムは湖を囲むように散歩道と、サイクリングロードがあります。


asamoya-s.JPG

今朝は湖の写真を取って、散歩道に沿ってお散歩です。濡れた草の匂い・・・


マイナスイオンたっぷり。まだ、誰も起きていない時間に一人で散歩するのが好きです。

azami 430-s.JPG

アザミが咲いていました。棘があるけど紫の花、可愛いですよね。



帰ってきてまずはコールマンのストーブでコーヒーを。


今回はコレ



もって行ったもんね。


さてゆっくらと朝ごはんの準備です。時間の制限がないっていいよね。


昨日の炭を起こしてみると、火が起こった。濡れてダメだと思ったけどな。


今回はニューフェイス「ホットサンドメーカー」を投入です。




8切り食パンに具材とケチャップをはさんで焼きます。

焼き目がついて初めてとは思えないなかなかの出来栄え。(自画自賛)

パンがぱりっとサクッとして中はトローリ。美味しいです。

今日のメニューはホットサンド、スープ、コーヒーです。

今度は具を工夫してみようかなぁ。

また、雨が降ってきたのでテントに戻って横になります。

おしゃべりしたり、荷物の整理をしたり。

雨がやんだらアスレチック場の写真を取りにいきます。

asuretikku04-s.JPG

湖の上を渡る狭い橋がスリルがあってよかった。

ropeway7s.JPG

これはロープウェイ。落ちたら湖にボッチャン!こわー(増水の為ネットが水に浸かっていて使用禁止でした)



お昼ごはんに残り物のチーズとベーコンでスパゲッティを作って食べ、撤収です。

雨が上がったので沢山ついた水滴をタオルで拭き、ある程度乾かしてからたたみます。

それから「ほおのき」で自転車を借りサイクリングをしました。


☆アウトドア関連の記事は左サイドバーの「アウトドア」からまとめて読めますよ♪

posted by 更紗 at 13:33| Comment(2) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月31日

佐賀県 北山ダム キャンプ場(北山キャンプ場)へ行きました。

[アウトドア] ブログ村キーワード


先日北山キャンプ場無料!と聞きましたので早速行って参りました。(早!)


有料道路下りたらちょうどお昼頃だったのでしばらく行ったところにある「縄文屋」で地鶏そばを食べました。(480円・甘く煮た地鶏がごろごろ入ってます。お奨め!)


福岡方面からいくなら那珂川から三瀬有料道路を通ってまっすぐ行くと左手にロッジ風の建物があります。
それを通り過ぎると右手に「21世紀県民の森」という看板が出ているので右折します。
(右折せず数m行くとコンビニがあります。お買い物はここで。)

左手に「ほおのき」という売店があります。左右に駐車場があります。
サイクリングやボートはここで乗ります。周辺地図をもらっておきましょう。

キャンプ場に行く時はそこを通り過ぎてしばらく湖に沿って走るのですが1か所左折する場所があります。
小さな橋みたいなのがあります。がわかりにくい・・・。
看板でも立てておいてほしいです。

道なりに進んで行くと左手に「北山キャンプ場」の大きな入り口があります。そこを左折して山を登っていきます。かなり狭い道で離合できない場所がありますので注意!

ここ、なぜかナビに入れても到着しません。地図がおかしいのでしょうか。
念のためマップル貼っときますね。印刷して持って行くといいです。
http://map.mapple.net/map/map.aspx?q=_sid-G041010054

(私は初めて行ったときは違う道から行きましたが、小さな木製看板を見落とさなかったので運よく到着することが出来ました。)


行き着く先がキャンプ場〜!北山湖がみえるので湖を背にして左手にいくと管理棟があります。そこで受付をします。


ここは車でサイトの近くまで乗り入れて荷物を運べるので便利です。(終わったら駐車場へ)
まずはテントを張ります。今日は雨が降ると聞いてるから急げ〜!


「手羽先の簡易スモーク」から作ります。


BBQ台の半分だけ炭を起こし(炭の下に鉄板を敷いておく)、おき火にしておいて、その上にアルミホイルで作ったお皿のなかに桜のチップを入れ、網を乗せる。

味付け(塩コショウ・チリパウダー・ガーリックパウダー)した手羽先を網に乗せて金属製の大き目のボウルをかぶせ、3時間くらいスモークします。

(後でスモーカー購入しました)


相方に焦げないように時々火の番をしてもらいます。
私はその間に近くを散策して来まーす。

komiti s.JPG

mizuumi s.JPG

mori 391s.JPG


スモークが出来たら残り半分に炭をおこしBBQ準備してもらう。

私はその間に野菜などを切りに行きます。豚バラ1本買ってきったので半分を7ミリ厚さくらいにスライスします。残りは適当に棒状に。


BBQ用の野菜を適当に切り、なす、たまねぎ、人参、にんにくは皮をむいてみじん切り。
ガス代の一台でご飯を炊き、一台でトマトシチューを作る。

*トマトシチュー*(本当はポークビーンズを作りたかったんだけど豆を忘れたのは内緒だ^^;)


鍋に油とにんにくを炒めて豚肉を炒め野菜を炒める。あとダイス状に切ってあるトマト缶と水1カップをいれ煮込む。塩コショウ・スープストックで味付け。最後にガーリックとチリパウダーを入れる。


めっちゃうま〜!(今後毎回作るぞっ)


炭が起こったので焼肉。豚バラのスライスと手羽先を炙る。それに野菜とソーセージ。
夕刻から雨が降りましたのでタープの下で調理しテントで食べました。


結構豪華なディナーになりました☆


無料という事で女性が気になるトイレはこんな感じ。(お掃除もされていて綺麗でした。洗面所の下は板が破れており、施設の老朽化は感じましたが無料ですしね)

toire 3s.JPG

隣が炊事棟です。

senmendai 3s.JPG

洗面台です。夜〜朝、ちゃんと電気もついています。




その日は色々料理したので疲れて、エアマットも購入していたので寝心地も良くすぐ寝ちゃった。

キャンプの楽しみは朝にあるのです。

フフフ・・・(o ̄ー ̄o)(謎)

(つづく!)


*******北山ダムキャンプ場の情報*******

キャンプの申し込み先
0952-56-2922

管理事務所0952-56-2922(当日受付が休みの場合、急な変更などはこちらへ)

昼12時から翌日は適当にいいそうです(がら空きだったので・笑)

テントやキャンプ用品の貸し出し・売店は一切ありません。

炊飯棟・トイレ完備。木のテーブルとイスは広場にのみあります。

管理人さんはいます(夜間はいないかも?)が全く無料という素晴らしいキャンプ場です。

ゴミは持ち帰り、炭捨て場もありませんので消し炭いれ持参で行きましょう。

近くの「ほおのき」で貸し自転車(サイクリングコースあり)や貸しボートあり。



**************************


posted by 更紗 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月30日

ロゴス(LOGOS) エアウェーブ・テントマット270 73833520 のレビュー♪

[キャンプ道具] ブログ村キーワード


先日またキャンプに行きまして、実際使ってみました。


まずは、テント設営をします。ロゴス エアウェーブ・テントマット270を中に入れてから膨らませます。

ロゴス(LOGOS) エアウェーブ・テントマット270



最初はちょっと大きめですが、膨らませるといい感じに収まりますので奥の隅だけ合わせておけば多少くちゃっとかさなってても心配無用ですよ(笑)

ここで、最初に注意点が一つ。

このマットは3室に分かれていて膨らませ口のバルブが3つと空気抜き口バルブが3つあります。膨らませ口には弁がついていますが空気抜き口には弁がついていません。

出入り口に弁のついた方が来るように置きましょう。大きいので置き換えるのも結構面倒です。(間違えたやつが保障します→アホ)

フットポンプが2個ついているので2人で焦らずゆっくりしゅこーしゅこーと入れていきます。

厚さ4cmくらいの空気の入りやすい特殊なウエーブ構造なのですぐ膨らんで来ます。

コールマンのエアマットだと、厚みがある(14cm)ので中々膨らまないそうな。

今回初めてなのでフットポンプでやりましたが3室膨らませるのは結構面倒臭い。

100VのACアダプタ充電式ポンプが使えるようなので今度購入しようと思います。(イオンで2000円くらいで売ってるのを確認)

あとコールマンのエアマットは270サイズのものは正方形じゃないんだ!!!!!!

短い方が189cmしかない・・・大人数で行くには使えねー

コレ、知らないと絶対損するよー。

次に注意点。あんまりパンパンに空気を入れておくと夏場は空気が膨張して破裂する原因になるそうです。9割方でいいです。


eamatto-s.JPG



寝たらちょうど均等になって、腰が床につくことは有りませんでしたョ。


ロゴス エアウェーブ・テントマット270は270×270のテントにちょうどぴったり合うサイズに収まります。

ちなみに、テントが300×300の人はぴったりサイズのロゴス(LOGOS)エアウェーブ・テントマット300がちゃんと売ってます。

ラインナップとしてソロキャンプの人用エアマットもありますぞな。




さて肝心の寝心地ですが床のゴツゴツ感が気になって眠れなかった前回と比べ超快適でした!(お休み3秒→疲れたんですぐ寝た)

表はフロッキー加工してあるのでスエードっぽい手触りですべすべ。今回は雨だったので濡れと汚れ防止に上にテント用のフロアマットを上に1枚敷いたからかビニールの臭いは全然しませんでした。

つかコレ最初に買っておけば5000円もするテントマットなんて要らなかったんです・・・。がぁー。5000円返して。(冬場は下に断熱銀マット敷けば充分と思われ)

付属品としてフットポンプ2個とリペアシートがついてます(接着剤はついてません)

初めて購入される方は春〜秋くらいで標高が高くないキャンプ場ならテントの下にブルーシート、テント中にコレ1枚とシュラフでいいと思われ。(あくまでお金をかけたくない人は。かけたい人は専門店行けば幾らでもありますぜい。)

ま、沢山敷けばそれだけ快適に過ごせるって言う事で、良しとしましょう。

点で支える構造となっていますのでコールマンのエアマットみたいに腰が沈み込んで腰痛になる事がないんですね。

フワフワよりかためが好きな方はこちらがいいですよん。うちは相方が腰痛もちなんすよ。

ロゴスのテントのほうはくしゃっとして安っぽいんだけどこのエアマットは当分手放せないです〜!

・・・ってなわけで2度目の初心者キャンプはぐっすり眠れました。


比較対照したのはこちらの商品。↓

Coleman(コールマン) テントエアーマット270 170A6607

255×189×14cm(正方形ではないのでくれぐれも注意です)

一人が寝返り打つと隣もボヨンと揺れるそうです・・・。

聞いたところ、こっちはリペアシートはついてないそうです。大人数と腰痛の人にはお奨めできません。

●追記●

夏、ポンプで空気入れするのが大変で電動ポンプ購入を検討。車のシガーソケットから電源を取るタイプと電池式がありメーカーに問い合わせた所どちらも使えるそうです。

ただ、7割方しか入らないので残りは足ふみで入れてくださいとのこと。
電池式よりシガーソケット式のほうがパワーが大きいのでこちらを購入しました。


ロゴス(LOGOS) ヴィークルパワーブロー(DC専用)
ロゴス(LOGOS) ヴィークルパワーブロー(DC専用)

ロゴスウエーブマット用に!

それからエアウエーブマットについて破れやすいと書かれている方もいましたがその後改善されたような記述もありました。

私の場合12泊して全く破れていません。
(2012.3.20現在)

ただ、折り目部分が破れやすい感じはしますので直射日光を避けるためフロアシートを上に敷いたほうが持ちはいいものと思われます(日光で劣化する為)

posted by 更紗 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

キャンプ もっていくもの


キャンプ もっていくものチェックシート!


テント、テントマット、エアマット、シュラフ、ランタン、

空気枕、ホワイトガソリン、イス、テーブル、小ブルーシート(テント入り口)

木炭、チャッカマン、うちわ、着火剤、バーベキューコンロ、ストーブ、家庭用卓上コンロ(あると便利)

トング、箸、フライ返し、たわし、スポンジ、食器、ザル、ボウル、食器洗い洗剤

軍手、合羽、カメラ、ゴミ袋、ひも、ナイフ、お菓子

食材(肉、ベーコン、チーズ、パン、卵、キャベツ、米、大豆、トマト缶詰)

調味料(油、しょうゆ、焼肉のたれ、塩、コショウ、ケチャップ、コンソメ)

お酒、コーヒー、スープ、インスタントラーメン、紅茶、ジュース

ティッシュ、タオル、包丁、まな板、ビニール袋(多めに)

着替え、下着類、上着、靴下、帽子

歯ブラシ、コップ


こんなものかな?


うーん、でも雨降りそう。


大雨だったら延期です。






posted by 更紗 at 19:45| Comment(2) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

東日本大震災の映像が心に焼き付いています


私がキャンプを始めた理由は(始めたとか言っても重い荷物を担ぐのは相方で、私はついていってご飯作るだけだけど^^;アホな私に色々持たせると良くどこかに物を置き忘れるので、「頼むから財布の番だけはしてくれやぁ!」と言われます・笑→後で警察に行ったりカード止めたり大変だった)


何と言っても東日本大震災の影響が大きいのです。


http://www.boston.com/bigpicture/2011/03/massive_earthquake_hits_japan.html

http://www.boston.com/bigpicture/2011/03/japan_earthquake_aftermath.html

東日本大震災の映像を掲載された海外のサイト。沢山の写真が見れます。

bp23.jpg


bp29.jpg


bp35.jpg



私はどちらかというとインドア派でした。(要は怠け者なだけとも言う^^;しんどいの嫌い〜)
私たちの住んでる地方でも数年前結構大きい地震があったので、被災地の様子も人事じゃないな、と思いました。


もし、あんな天災が起こったら、一体どうすればいいんだろう・・・
電気・ガスが止められたら・・・?

原発事故も精神的にショックが大きかったですね。


私たちはもっと電気を使わない生活になれないといけないんじゃないか。と考えさせられました。
本当は資本主義自体が行き詰まり(制度疲労)を起こしているのだと思います。


このままでは資源もエネルギーもいずれ使い果たしてしまい、
世界的に人口は増えているので食料も水も足りなくなるかもしれない…


キャンプは不自由を楽しむ遊びです。
炎のゆらめきに魅入られながら大昔の生活に思いを寄せ、自然の中で眠る時間…
(たまーに寝てる間に何かの獣が山から下りてきて、テントの周りをうろうろしたりタープの中を荒らされたりしますが、荒々しい息遣いに恐怖を感じます。怖いから見に行かないけど)
ああ、人間はこうやって生きてきたんだな、って思います。

忙しくコンクリートに固められた世界で生きていると、忘れそうになる感覚ですが
人間だって所詮動物なんだなあと…


行き過ぎた便利さは自らを滅ぼす諸刃の剣なのかもしれませんね。
地球の歴史で言えば電気なんて使い出したのはごく最近ですから、無ければ無いで生きていける気はします。


kirei.bmp


人は霧の中何かを探して生きていくようなもの。霧で隠されている中には美しいものもおぞましいものも沢山潜んでいるのだろう。



二人なら。


と、いうわけで準備運動として、コンテナガーデニングもしていまーす。
今年はバジル、しそ、レタス、小松菜、いんげん、ラディッシュ。

camp 153.jpg来年はプチトマト、ゴーヤを増やそうかと思っています。



【中古】afb【古本】サバイバル_8巻_さいとうたかを_リイド社_B6版

これ、昔読んだ。サバイバルにも役立つし面白かった!(ちょっと怖いけど)


自然には天使と悪魔の側面がある。(人にも綺麗な側面と汚い側面があるように)

でも、どちらも決して切り離すことはできない。

だから自然を常に畏怖しながら愛していくことが大事なのではないでしょうか。


posted by 更紗 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

LOGOS(ロゴス) エアマット270 No.73833520を買っちゃった♪

[キャンプ道具] ブログ村キーワード



昨日の記事にキャンプの写真を沢山UPしておきましたので、よかったら見ていってね。


せっかく相方が「本当はキャンプって体力的にきついんでないの?無理してない?」と言ってくれたので先週末に買ってもらいました。




LOGOS(ロゴス) エアウェーブ・テントマットNo.73833520


テント床に敷くエアマットです。正直な所、普通のフロアマットとシュラフだけでは次の日体中が痛かったのです。


コールマンにもエアマットはあったのですが、そちらは厚みがあるので空気を入れるのがめっちゃ大変なんだって。


それと、表面のぼこぼこが気になる・・・とのレビューが気になったのでウエーブ状で厚みに差がないこちらを選びました。


表面の手触りはスエードっぽいので寝心地がよさげでしょ。


まぁ、重いのが難点(9kg弱)だけど、車で行く人(オートキャンプ)には苦にならないでしょう。


家族連れや彼女連れの方には是非是非お奨めします。


コールマンのエアマットと比較して


・マットの厚みが少ないので空気入れが楽(でも点で支える構造なので快適!)


・3つに分かれているので寝返り打っても隣の人に響かない(コールマンのはぼよんぼよん揺れるとかで)


・寝心地(安いものではないのでお店で触ってみました)


以上の点が優れているということでこちらにしました。


また、実際の使用感を書きます♪


↓こっちに写真もUPしました☆読みに来て。

http://pxni132ohcr.seesaa.net/article/205739528.html?1308306143


やっぱ女性の高感度UPには「思いやり」を示す事ですよね〜♪


posted by 更紗 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

キャンプ場の朝ごはん

キャンプ場64ss.JPG


キャンプの翌日は鳥のさえずりで目を覚ましました。


いつも日曜は9時まで寝ている私が6時には自然に目が覚めたのです。(おおっ!)


そのときの山の空気はとても清浄ですがすがしいものでした。


キャンプ場木々65.JPG


新緑が綺麗でしょ?

ここのところずっとふさぎこんでいた私ですが、

「今、ここに生きているんだな」って感じた瞬間でした。




branko.JPG


早朝で誰もいないからブランコものっちゃおう。


それからしばらく散歩をして朝ごはんを作りました。


ご飯が残っていたので水を足しておかゆに。


あと、厚切りハムステーキと、昨日の残りの野菜を炒めて、目玉焼きを作りました。


お湯を沸かしてカップスープとコーヒーを入れて。


※キャンプの時は紙のドリップつきのコーヒーが一番です!


何てことはない朝ごはんなのですが、綺麗な外気の中で食べる朝ごはんは、とっても美味しかった。


キャンプで一番の楽しみはこの「朝ごはん」にあるんだな。


それから撤収作業をして、またぶらぶら散歩して(近くで遊んで)帰りました。




また、キャンプに行く予定です。



キャンプ場58ss.JPG




さあて、今度はごはんなんにしようかな・・・笑。



kawabe-h69ss.JPG


近くの水辺公園にて。野生の藤が綺麗でした。




posted by 更紗 at 20:52| Comment(2) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

キャンプ用品 野外クッキング編1

[アウトドア] ブログ村キーワード



うちで用意した野外クッキング用のキャンプ用品を紹介します。




@バーベキュー用グリル&炭&着火剤、食器セット


普通のホームセンターに売ってる安いやつ。



Aストーブ(キャンプで食事を作るときに必要なバーナーのことをストーブというそうな。あったまるストーブではないからね)

シングルバーナー coleman stove440(たぶん廃番)ホワイトガソリン式(ガス式もある)

coleman440stove1-m.JPG

これは小さくなるのでツーリングにも便利。リュックに入る大きさだし、綿の入った袋に入っていて壊れにくくなっている。

コールマンのストーブは小さくて耐久性にも優れるので米軍でも採用されているらしいです。

今使っているのは10年以上前の品物ですがミシン油をさしてパッキンを取り替えたらまた使えるようになりました。

買うときは高く感じるけど家庭用卓上コンロは2年しか持たなかったことを考えると、一概に高いとはいえない。

注意点;最初にぼーっと大きな火が出ますので注意しないと、前髪が燃えるぞー!!

この商品は本来登山者向け。普通の家庭用のガス台は高山などの過酷な条件では温度や気圧の関係で使えないことがあるんですよ。山地に行く時は念のため持って行ってね。雨でも使えるので悪条件の元で真価を発揮するものだと思います。

ポンピングして圧力をかけガソリンを噴出す。

写真を見ると管が着火口を横切っているのがお分かりだと思うけど暖める事で気化しているんだって。最初に仕組みを考えた人は凄い。(感心)

(ガスの場合カートリッジは寒冷地用・強力型・ノーマル型があるので用途に合わせて下さいね)

うちは、お気楽な条件(低い、雨降らない、暖かいという条件でしか行かないw)のキャンプなので後一つ普通の家庭用ガス台(ガスボンベ式)も持っていきました。扱いや火加減が簡単なので家族連れやオートキャンプには一つあると便利。

上記の条件なら普通の家庭用ガス台(イワタニなどのお鍋の時使うヤツ¥3000位)が一番便利で燃費も安くつきます(普段も使えるしね)

あと、低地で使うなら普通のガスカートリッジでも使えるものもあるのだ☆





ちなみにツーバーナーのこういうかっこいいのもあるんだ。2口あるので便利。




結構ツーバーナー持ってる人多かった。



あと、チャッカマンがあると便利!(うちのは点火装置がついてない!)



posted by 更紗 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

キャンプ用品 野外クッキング編2

[アウトドアクッキング] ブログ村キーワード



Bアウトドア 鍋セット(MORITA)


ご飯を炊く為の鍋、煮込み鍋、フライパン、おたま、やかん(なんと茶こし付き!)

nabetenkai 159-m.JPG


ご飯を炊く為の鍋にはふきこぼれ防止の穴と蓋を止めるパッチンがついています。


すべて取っ手がたためてこんな風にオールインワンに小さく収納でき優れもの!軽いし!(安いともっといいんだけど!)

morita 152-m.JPG

すっごーい!我が家にティファールがやってきたよ!(興奮するな、貧乏人)


ちなみにティファールはこんなの。収納しやすくて便利なんだよなぁ。


憧れのティファール




ティファール高いのでまだ買いきれないでいるのに・・・アウトドア用の鍋のほうが家の鍋よりずっと高価だぁ!ゴルァちっ(怒った顔)(激昂するな貧乏人)



さてさて。



キャンプ場についてまずするのがテント設営。


次に炭火をおこして、ガス台でご飯を炊く事です。

炭火を起こすのは中々難しいので、時間に余裕があるといいけど既に5時。

うちは二人いたので同時進行で行きました。

着火剤が古くて使えなかったので苦労して、業を煮やした相方はコールマンのストーブの上に、網を置いて炭をあぶって火をつけてました。


あったまいい〜感心。(つかトーチあると便利じゃん、買っとけよって話だ)


わたしはMORITAのごはん用鍋にコメと水を入れ家庭用コンロに火をかける。見た目に拘らないならこれが一番便利だ。

(コールマンのストーブは私には無理。風向きによってはやけどしそうで怖い)


水加減は1:1

火加減ははじめちょろちょろなかぱっぱだっけ?と思いつつ中火にかけ吹いてきたら弱火にする。


その間に近くの炊飯棟で野菜を切る。


鍋からややこげた臭いがしてきたら火を止めて10分ほど放置する。本当は火から離れないほうが良い。


んー、まぁまぁ良い出来上がり。


蒸らしてる間にコールマンのストーブで湯を沸かしコーヒーを淹れる。


はいどーぞ。と横を見るともうビール開けてるし!(怒)


本日のメニューは炭火焼肉とごはん。(牛肉よりも豚バラ・鶏肉・ソーセージが美味しかった)


食後にまたコーヒー。(コーヒー中毒の私)


そろそろテントに入ってランタンを吊るしシュラフにもぐりこむ。なにこれ、めっちゃ狭い。(笑)


そしてだらだらなんともしれないお話が続く。


(以前行ったツーリングの話とか、電気のない暮らしってどういうものだろうとか)


そのうちに疲れが来て、うとうと・・・コトン。


くー。















posted by 更紗 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

ランタンの選び方(初心者向けキャンプ編)

[ランタン] ブログ村キーワード


ランタンの種類

ガソリンランタン、ガスランタン、電池式ランタン(最近はLED主流ですが白色のみならず暖色の物も出ています。電球がキャンドルの形のものもあり、可愛くて迷います!)、キャンドルランタン(ろうそくを入れるのですが倒しても火事にならないように工夫が凝らしてあるので大丈夫です!)、オイルランプ(東北の温泉地にあるようなものとか・・・)などがあります。


※選び方

テントの中に吊るすのはガソリン式やガス式は禁止となっているキャンプ場が多いのでご注意を!あとで「しまったー!」と言う思いをしないようにネ。


テント用には電池式が安全性・エネルギーコスト面で適していると思います。


ある程度慣れたキャンパーならColemanなどのガソリン式ランタンに惹かれると思います。(かっこいいんですよね〜・笑 それに、炎の色に魅せられます)一番明るいのがガソリン式です。アウトドアショップにおいてあるホワイトガソリンを使います。

ポンピングしたりメンテナンスするのが面倒だと言う初心者にはLEDランタンがお奨め。(その面倒が良いと思えるかどうか)

ガス式もほとんど遜色ないのですが、いかんせん、カートリッジガスの価格が高い。取り扱いはガソリン式より楽。燃料費はガソリン<ガス。

SOTOかユニフレームのガスランタンならカセットコンロ用のボンベが使用できるそうです。^^
SOTO 虫の寄りにくいランタン(専用ケース付)+パワーガス+マントル・ST−2101【お得な3点セット】
SOTO 虫の寄りにくいランタン(専用ケース付)+パワーガス+マントル・ST−2101【お得な3点セット】




いずれにせよランタンは二つは要ると思いますのでお好きなものを一つ、テント用にLEDのを一つ購入されれば良いかと思いますよ。

キャンプ場ならレンタルと言う手もいいです。400円くらいじゃないかな?


最近はソーラー&手回し式の電池いらずのランタンも出ています。

ガソリンランタンは知人から入手できそうなので(やた!)次はソーラー&手回しタイプのものを買おうかと思います☆

今回購入したのはこれ。LED式は安い(見た目はちゃちい)ランタンもあるんですけどつい衝動買い。



これを選んだ理由は

・安全性

・利便性

・見た目(笑)

・ランニングコスト(電池4本でLowなら40時間、Highでも18時間。地震がおきた翌日100円ショップで4本入りを数セット買っておいた。今では売り切れ店が多いので、対策を今度書きますね〜フフフ…( ̄∇ ̄+) キラーン)


夏場はテントから離れた場所に明るいランタンを吊るすと虫除けになっていいそうですよ!(盗難が気になるなら安いランタンを!)

食卓に置くならあたたかい光のガスまたはガソリン式ランタンがやっぱり好き〜!

テントに置く最初の一台ならLEDランタンを。

二酸化炭素中毒になったりすることがあるんだって!

そして2台目はテントやタープの外に置くこれです「ノーススター」

Coleman(コールマン) ノーススター 

本体価格と同じで色々おまけつき。


すごく明るいので一台は欲しい所です。ってか皆さん持ってますね。

おかげさまで春・夏シーズン中キャンプ場の明るい事、明るい事(笑)

人のいない冬キャンには必需品でしょう。(辺りは真っ暗になります)

(追記2012.04.10)

始めての一台を購入するならこれ!

<a href=GENTOS(ジェントス) エクスプローラー・プロ EX−777XP
GENTOS(ジェントス) エクスプローラー・プロ EX−777XP



安い・明るい・電池式(単一だけどスペーサー使えば単3でもOKなのだ)

これ2台あればノーススターにも匹敵する明るさだそうです。(ほんま?1台持ってるけど)
posted by 更紗 at 15:00| Comment(2) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする