2011年12月07日

冬キャンプの準備



季節はウインターですね!

今日は冬キャンプの準備について。

冬キャンプのいいところはなんと言っても人が少ない事です。

赤ちゃんの鳴き声や夜中までガヤガヤうるさい話し声に悩ませられることはありません。

冬独特のピーンと張り詰めた空気を堪能することも出来るし星の観測には最適な季節です。

人と場所によっては雪の中のキャンプを楽しむ人もいます。(私はそこまでの根性は・・・)


冬キャンプで大切なのは”暖房”ですね。代表的なものを挙げますと、、、



石油ストーブ・・・昔ながらのストーブです。家庭でも使える所が良いですね。トヨトミのレインボーストーブなど対流型のものが暖かいようです。

薪ストーブ
・・・独特の雰囲気で人気があります。ただ、煙突が必要なので設置が大変。重いしかさばるので運ぶのも大変。

武井バーナー・・・小さくて燃費もよく暖かいです。荷物をタイトに抑えたい時便利。レトロな雰囲気を愛する人や、キャンプオタ好み(笑)
武井バーナー 武井バーナー・五徳
武井バーナー 武井バーナー・五徳

これがあると軽いアルミのアウトドア用やかん(小)くらいは載せられて便利だよ!(重いのは乗せれない)

追記:今は床まであるしっかりした五徳を使ってます。ダッチオーブンも乗せれます

武井バーナー(パープルストーブ)の記事はこちら
http://pxni132ohcr.seesaa.net/article/234148284.html
http://pxni132ohcr.seesaa.net/article/238094551.html

ガスヒーター・・・手軽さとコンパクトさで近年流行っています。ただ、暖かさを過剰に期待しちゃダメ。(こっち買う予定だったのに予想外の出費に・・・)

イワタニ産業(Iwatani) ジュニアヒーター CB−JRH−2
イワタニ産業(Iwatani) ジュニアヒーター CB−JRH−2

こんなん

ホットカーペット・・・邪道と笑われますが風邪をひかせては大変な子供や女性がいたりファミキャンには必携です。換気と火災の心配がないので便利。電源サイトはなにかと頼りになります。


大人ばかりなら丈の長い防寒コートやスキーウエアを着こんで寝るのもあり。山岳経験の方(男性)に「山岳用テントって寒くないの?」って聞いたら「冬山は寒いのが当たり前。死ななきゃ良いんじゃ。寒すぎて眠れないこともあるのじゃ」って言われました。うっは〜^^;真似できんわ・・・

先日冬キャンで暖房を使うとテントの天井が結露するかも?と心配していたら結露どころかテント全体が裏も表も「凍結」していました(笑)毛布もパリパリに凍ってた・・・(毛布の中は暖かかったのでもぐりこんでれば寝れます)

気温が上がると溶けるので日当たりの良い場所でよく乾かして撤収しましょう!カビが生えちゃうと取れないからね。

ビニールの温室&薪ストーブのあるキャンプ場があるのには笑いました〜wwwwww
それってキャンプなのか…
むしろ農家に嫁or婿に行け…笑

と思いましたが薪ストーブを買う前に試したい人にはいいかも!?

他に

・ヒートテックの上下(肌着と股引)と手袋

・帽子・・・夜ありがたみがわかります。マミー型シュラフのときは良いですが封筒形の場合必携。あまりにも寒いと耳が痛くなるのだよ〜フード付の洋服でも良い。

・毛布(シュラフで不安な時)

などですな〜シュラフを冬用にするのは当たり前・・・といいつつうちは3シーズン用シュラフ+毛布+電気カーペットで安く押さえましたが、暑い位でした(邪道〜^^)




posted by 更紗 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック