2011年11月21日

永遠の愛A



さて、先々日の続きです。

「永遠に続く愛ってあるのだろうか」


こんな青臭い疑問を持ったのは結構浮気自慢をする既婚男性がいるからです。

男の人はよく言いますね。

「いくらカレーが好きでも毎日カレーじゃ飽きるだろ」って。

でも、女性の場合愛する人が浮気をした…その真実が一回でもあると

ガシャーンと大きな音を立てて心が壊れてしまいます。それくらい、ショック。

「単なる浮気だろ、遊びだし」

そういわれたって一度壊れた心は絶対元に戻りません。

グラスを落して割ったらどうなりますか?

接着剤で張り合わせたらすっかり元の姿に戻りますか?

傷一つない元の姿に戻ることは不可能ですよね。どんなに頑張っても継ぎはぎでいびつな姿にしかなりません。

グラスが割れたらグラスの役割を果たせなくなるようにしばらくは「人として使い物にならなく」と思います。

果たして、女性の心にどれだけ衝撃を与える事なのか、、、深い悲しみに叩き落す事になるのか。知っていて、浮気なんてするんだろうかと思います。

そして、それは浮気相手だって同じ事でしょう。

「単なる遊び」で付き合う女性なんてほんの一部だと思います。(既婚者同士なら違うかもしれませんが)

多くは遊びの振りした本気。いつか自分のものになるかもという一縷の望みに賭けているんでしょう。

だから「君とは遊びだったんだ」という言葉がどれだけ残酷な言葉なのか。知っているからこそ

そんなことのできる男性が自分の心を分け合った相手だなんて余計に認めたくないものでしょう。

でも・・・

「この結婚は失敗だった」そう思わせる女性にも非はあるのでしょうか・・・。

もちろん何もないことはないのでしょう。

完璧な人間などどこにもいません。

だから

「双方が努力し続けないと愛情は続かない(どちらが努力を放棄してもダメ)」という事が真実なのでしょうね。


たった一度の浮気で失うもの。


それは「信頼」です。


ただ、浮気をしたい心理がわからないわけではありませんし、浮気をしない男性のほうが大多数である事、

「浮気できる人と出来ない人が存在する」事を知っています。

前者は人の痛みに対する想像力がない人、自己中の人。

後者は「想像力があり思いやりのある人」です。浮気心があっても抑える事が出来る人ですね。



奥さんが自分と同じように浮気をしていた場合感情をあらわにして憤る人は後者より前者に多いです。

自分と同じことをしているだけなのに、自分は良くて相手はダメだなんて不思議(不条理?)ですね。

自分がしたことが自分の身に返って来たらどういう思いを味わうかということなんて、容易に想像できないんでしょうか。

愛するものに対する「裏切り」「嘘」を平気で「遊び」として行えるのか。

信じられないけど、あんまり後先考えてはいないんでしょうね。

後者の人は暴力に訴えるような怒り方はしないけど「静かな怒りを溜めるタイプ」や、謝っても絶対に許してもらえない融通の利かない人が多いです。(ある意味こっちの方が怖いです)


異性から尊敬され大事にされるのはどちらなのかは、、、言うまでもありませんよね☆


だけど、女性も常に向上心を持ち、飽きられない工夫が必要なんでしょう。


(`-д-;)ゞ









posted by 更紗 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 男と女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック